岡崎、選手登録可能に…即ベンフィカ戦先発

[ 2011年2月18日 02:15 ]

 サッカーの日本代表FW岡崎慎司(24)がJ1清水からドイツ1部リーグのシュツットガルトへの移籍に際し、必要な国際移籍証明書が発行されていない問題で、国際サッカー連盟(FIFA)は17日、岡崎の暫定的な選手登録を認める裁定を下した。シュツットガルトによると、FIFAから文書が届いた。

 シュツットガルトは欧州リーグで同日(日本時間18日)、ベンフィカ(ポルトガル)とアウェーのリスボンで対戦、これでベンチ入りが可能になった岡崎は先発メンバーに名を連ねた。

 チームは国内リーグで20日にレーバークーゼンと対戦する。

 清水はシュツットガルトから正式な文書での契約交渉開始通知がなかった点と、岡崎との契約期間内だった1月31日を契約開始日とした点を問題視。FIFAの規定違反であるとして移籍を認めず、岡崎はデビュー戦になるとみられた今月12日の試合でベンチ入りできなかった。シュツットガルト側も移籍の正当性を主張したため、FIFAの裁定に委ねられていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月18日のニュース