リーセまさかのミス…ローマ本拠3失点で崖っ縁

[ 2011年2月18日 06:00 ]

<ローマVSシャフタル・ドネツク>相手選手と言い争うトッティ(左)

欧州CL決勝T1回戦第1戦 ローマ2―3シャフタル・ドネツク

(2月16日 ローマ)
 ローマはホームで手痛い逆転負けを喫した。先制しながら守備が乱れて前半29分から12分間で3失点。最後は左サイドバックのリーセが足を滑らせた間にボールを奪われ、失点につながった。

 前半だけで退いたリーセは「とんでもないミス。みんなに謝罪したい」と失意の表情。クラブ買収問題に揺れる中、公式戦3連敗のラニエリ監督は辞任を否定し「第2戦がある」と前を向いたが、崖っ縁に追い込まれた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月18日のニュース