ユーベに待った!ビジャレアルも長友獲り参戦か

[ 2011年1月16日 06:00 ]

 ユベントスが獲得に動いているチェゼーナの日本代表DF長友佑都(24)に関して、スペインリーグの強豪ビジャレアルが関心を示していることが分かった。15日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙が報じた。

 また、イタリアの衛星テレビ局スカイ・イタリアは15日、ユベントスが今季終了後の長友獲得に向けて移籍金700万ユーロ(約7億7700万円)を用意しており、この金額に対するチェゼーナの反応が移籍の鍵を握ると報じた。セリエA開幕から16戦連続フル出場の長友にはマンチェスターUやバーミンガム、フルハムも調査に乗り出している。そこにスペインリーグで現在3位のビジャレアルも参戦した形だ。

 アジア杯に出場している長友は14日、他の主力組とともにクールダウン。練習後にはシリア戦を振り返り「選手も監督もアジア杯が厳しい戦いになることをあらためて感じた。次に向けてしっかり準備することが大切になる」とコメント。日本代表に集中しているが、欧州での注目度は日に日に大きくなっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年1月16日のニュース