大井競馬がトラッキングシステム導入 6月5日東京ダービーからスタート

[ 2024年5月30日 15:33 ]

トラッキングシステム映像イメージ(TCK提供)
Photo By 提供写真

 大井競馬場はJRAでも導入している「競走馬トラッキングシステム」を6月5日の東京ダービー当日から導入、開催日のメインと最終の2競走を対象に運用していくと発表した。

 「競走馬トラッキングシステム」とは、出走馬のゼッケンにGPSセンサーを装着。レース映像に競走馬の位置取りやスピードなどを表示して可視化するもの。

 JRAでは23年4月から運用。現在のところ、問題やエラーなどはなく順調に運用されている。

 放映するのは大井競馬場の場内、場外発売所の各モニター。東京シティ競馬中継(MX2)などのテレビ中継。南関東4競馬場の公式ウェブサイト。インターネットの「地方競馬ライブ」。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年5月30日のニュース