【安田記念】レッドモンレーヴ ご機嫌坂路併せ先着、蛯名正師「末脚に磨きがかかっている」

[ 2024年5月30日 05:18 ]

野中を背に坂路を併せで追い切るレッドモンレーヴ(手前)(撮影・村上大輔)
Photo By スポニチ

 レッドモンレーヴは野中(レースは横山和)を背に坂路で4F55秒3~1F12秒4。1馬身間隔で前にピークブルーム(3歳未勝利)、後方にオールアイズオン(4歳1勝クラス)を置き3頭併せ。ゴール前で1馬身抜け出した。

 蛯名正師は「機嫌が良くて調整が進めやすかった。ゲート確認でも落ち着いていた。昨年より体がしっかりして、末脚に磨きがかかっている」と差し切りを期待した。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月30日のニュース