【住之江ボート 第53回飛龍賞競走】雑賀勇貴が“忍”の走りで予選突破目指す

[ 2024年4月3日 21:20 ]

3日目を終えて得点率8位タイにつける雑賀勇貴

 佐藤博亮が大外から一気に捲った3日目5Rで2コースから3着に入り、浦上拓也とともに得点率7.00の8位につける雑賀勇貴(33=大阪)。「出てないっす。乗りやすい分でごまかせてるけど、今節は初下ろしエンジンで使ってるエンジンの人との差が大き過ぎる」と話した後に、こう続けた。「いつもの行き足が来るペラ調整をやりたくてもできない。好きな止め系に叩けないのは厳しい。まあ、今日(3日目)は雨だし、気圧も下がっていたのでだいぶ回していったけど…」。試運転で足を比べた和田拓也には「1艇身やられた」とも。予選ラストの4日目、準優勝戦出場推定ボーダーを6.00とすればノルマは2走9点。4R(2号艇)、11R(6号艇)も“忍”の走りでポイント加算に挑む。

続きを表示

「2024 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2024年4月3日のニュース