【川崎記念】3番人気ノットゥルノは伸びず6着 武豊「左回りなのかな」

[ 2024年4月3日 20:46 ]

Jpn1・川崎記念 ( 2024年4月3日    川崎ダート2100メートル )

ノットゥルノと武豊
Photo By スポニチ

 Jpn1「第73回川崎記念」(ダート2100メートル)が3日、川崎競馬場で行われ、地元川崎の7番人気ライトウォーリアが逃げ切った。

 勝ちタイムは2分15秒5。2着は5番人気グランブリッジ、3着が4番人気アイコンテーラーで3連単は24万6620円つけた。

 武豊騎乗の3番人気ノットゥルノは互角のスタートを切り、3番手をスムーズに追走。だが、3角過ぎで前を行くライトウォーリア、アイコンテーラーの動きについていけなくなり、直線では全く伸びず6着に終わった。

 武豊は「つかみどころがないね。状態は良かったし、こういう馬場(道悪)も得意なんだけどね。左回りなのかな」と肩を落とした。

 3歳時にジャパンダートダービーを制した強豪。前走・佐賀記念では59キロの酷量の中、抜群の手応えのまま4馬身差圧勝したが、左回りで良績のないウイークポイントが今回はモロに出た格好となった。

続きを表示

「2024 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2024年4月3日のニュース