【川崎11R・川崎記念】ノットゥルノ重賞連勝!

[ 2024年4月3日 09:30 ]

川崎記念
Photo By スポニチ

 多士済々の一戦は(4)ノットゥルノに託す。前走は59キロを背負って正攻法で圧勝。文句のつけようがないパフォーマンスだった。一昨年、昨年の東京大賞典は共にウシュバテソーロと0秒3差。ダート界トップクラスの実力があることは疑いようがない。左回りは【0・0・0・6】と振るわないが、これは不調時と重なったもの。直線で不利を受けながら粘り強く伸びた3走前のチャンピオンズCを見る限り、苦手とは思えない。バテない強みを存分に生かした先行策でライバルを完封する。

 前走ダイオライト記念が強かったセラフィックコールが逆転を狙う。地元の利があるライトウォーリアも侮れない。休み明けを叩いたアイコンテーラーに注。

 ▼シルトプレ(米川師)休み明けにしてはいい状態。中間の追い切りもゲートからやっているので力は出せると思う。川崎は過去に勝っている(21年鎌倉記念V)ように左回りも合う。中央勢は強いがレース展開が向けば楽しみ。

 ▼セラフィックコール(寺島師)前走は初めての地方、コーナー6つにナイターと初物ずくめでしたが勝ってくれた。チークピーシーズの効果が大きく、いい位置で競馬ができて収穫の多いレースだった。前走と同じようなコース形態だし、同じようなレースができたら。今後の選択肢を増やせるよう、賞金を加算したい。

 ▼キャッスルブレイヴ(渋谷師)中間も変わらずに調整できている。長距離は合うし、川崎コースも走り慣れているが、この相手だからね。展開の助けは欲しい。

 ▼ノットゥルノ(生野助手)この中間は豊さん(武豊)に乗ってもらい、自分が乗った時も凄く状態は良さそうな感じだった。体もブリッとしていい感じです。左回りがどうかと言われるが、調教に乗っている感じでは左右の差は感じない。あとは渋った馬場の方が実績があるので、そうなれば。

 ▼エブリワンブラック(山崎裕師)最終追い切りも動いたように状態が上がってきている。メンバーはそろったが、どんな競馬をしてくれるか。

 ▼グロリアムンディ(山口助手)前走時に減った(マイナス16キロ)馬体も回復して、いい感じ。前走はいくらか疲れもあったようだ。今は馬体もふっくら。だいぶ良くなってきた。平安Sを勝った時ぐらいの状態にはあると思う。100メートルでも距離が延びるのはこの馬にはいいので、いいところを見せてほしい。

 ▼アイコンテーラー(河内師)前走は外枠は良かったが、ハンデが重かった。左回りは得意だし、距離も大丈夫。スタートを出てうまく先行できれば。

 ▼グランブリッジ(新谷師)しっかりと負荷をかけて、意図的に絞っている。その中でもカイ食いは落ちていないし、調整はうまく運んでいる。この距離や川崎のコースは全然問題ない。

 ▼ディクテオン(吉岡師)一回使ったことでピリッとしてきた。調教もこの馬にしたら動いている。前走(ダイオライト記念4着)はオーストラリアの砂が合わなかったようだ。今回は従来の砂に戻るので。できれば良馬場で競馬がしたい。

 ▼ライトウォーリア(内田師)この中間も順調に乗って、いい状態に持ってこられた。枠順は気にならないし頑張ってくれると思う。

 ▼デルマルーヴル(山崎裕師)前走は2000メートルを使って上々の競馬。ただ年齢的に反応がいまひとつ。どこまでやれるか。c

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月3日のニュース