【園田競馬 菊水賞】5番人気オーシンロクゼロが無傷4連勝で1冠! 広瀬ガッツポーズ

[ 2024年4月3日 18:34 ]

菊水賞を制したオーシンロクゼロ
Photo By スポニチ

 園田競馬の3歳重賞「第56回菊水賞」(1700メートル)が行われ、広瀬航騎乗の5番人気オーシンロクゼロ(牡=玉垣光、父アジアエクスプレス)が好位のインから抜け出してV。無傷の4連勝で、管理する玉垣光師ともども重賞初制覇を飾った。

 戦国ムードのクラシック初戦を鮮やかに突き抜けた。「とにかくゲートを(スムーズに)出ることが大事」(玉垣光師)という陣営の願いがかない、抜群のスタート。外から飛ばすクラウドノイズを行かせて好位という絶好のポジションでレースを運んだ。

 ペースが落ちたところでも折り合って、実にスムーズな追走。余裕たっぷりに直線を迎えると、ガラッと空いた内へ。最後はきっちりと抜け出し、2着クラウドノイズに0秒3差をつけた。

 普段はクールな広瀬も引き揚げてくるなり大きなガッツポーズ。「落ち着いてゲートを出てくれたのが一番でした。課題もありますが、これからが楽しみです」と満面笑みだ。

 そしてクラシック1冠目で玉垣光師はうれしい重賞初制覇。「課題だったゲートを決めてくれたのが何より。まだまだ馬体に緩さもあるので、さらに良くなってくると思います」とホッとした表情を見せた。

 今後の最大目標は兵庫優駿(7月4日、園田1870メートル)。次走は西日本クラシック(5月1日、園田1870メートル)の予定。まだまだ成長できる素材。底を見せぬ大物が連勝街道を突き進む。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月3日のニュース