桜花賞直行のチェルヴィニア、鞍上は未定 先週ドバイでルメールが落馬負傷

[ 2024年4月3日 11:31 ]

チェルヴィニア
Photo By スポニチ

 昨秋の未勝利、アルテミスS連勝後、桜花賞(4月7日、阪神芝1600メートル)に直行するチェルヴィニア(牝3=木村、父ハービンジャー)は先週ドバイでルメールが落馬負傷したため依然、鞍上が未定となっている。

 3日、サンデーレーシングが公式サイトを更新。鞍上について「現在、探している状況です」としている。

 ルメールは来週の皐月賞(4月14日、中山芝2000メートル)でも同じくサンデーレーシング所有のレガレイラ(牝3=木村、父スワーヴリチャード)に騎乗予定となっていた。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月3日のニュース