豪遠征中のオオバンブルマイ、追い切りでレーンが初コンタクト「いい印象を持った」

[ 2024年4月3日 17:55 ]

オオバンブルマイ
Photo By スポニチ

 オーストラリア遠征中でドンカスターマイル(6日、ランドウィック芝1600メートル)に出走予定のオオバンブルマイ(牡4=吉村)が3日、ランドウィック競馬場で新コンビのレーンを背に芝コース単走で追い切りを消化。4Fから時計を出し、テンの1Fは15秒ペースで入ってラスト1Fは13秒程度でサッと伸ばした。

 レーンは「競馬場に慣れるという感じでしたが、いい調教になりました。初めて乗って、いい印象を持ったし、長く脚を使える馬。チャンスは十分にあると思います」と好感触を口にした。

 昨年11月のゴールデンイーグル(1着)に続くオーストラリア遠征となる。8番枠からスタート。吉村師は「とてもいい枠です。NHKマイルカップ(3着)で道悪を経験しているので、極端に(馬場が)悪くならなければ、こなしてくれると思う」と前向きな言葉を並べた。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月3日のニュース