×

【中山新馬戦】ローブエリタージュ 中団から差し切り勝ち、小柄も強烈末脚

[ 2021年12月27日 05:30 ]

<中山6R新馬戦>レースを制したローブエリタージュ=左(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 中山6R・新馬戦(芝1600メートル)は2番人気ローブエリタージュ(牝=手塚、父ディープインパクト)が差し切った。中団をリズム良く運び、直線で強烈に伸びた。馬体重は396キロ。小柄なディープ産駒らしい切れ味を披露した。

 ルメールは「3、4コーナーで大外に出したら、しっかり加速した。真面目で乗りやすい。走りのバランスもいい」と称賛した。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2021年12月27日のニュース