【阪神新馬戦】エナハツホV 富田「余力もあったし上を目指せる馬」

[ 2021年12月5日 14:14 ]

 5日の阪神6R新馬戦(ダート1800メートル)は6番人気エナハツホ(牝=吉田、父トビーズコーナー)が3番手追走から4角手前で仕掛け、2着の1番人気ベイパーコーンに2馬身差を付けるデビュー勝ち。仕上がりの良さを思う存分に発揮した。

 騎乗した富田は「今週の追い切りで、いい感触をつかんでいました。3角で促しての追走で気持ちが乗ると、そこからはスピードが乗ってきました。まだ余力もありましたので、上を目指せる馬です」と評価した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2021年12月5日のニュース