×

【中山新馬戦】ホウオウルーレット 破格時計で7馬身差の大楽勝!横山和「これからが楽しみ」

[ 2021年12月5日 05:30 ]

レースを制したホウオウルーレット(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 中山6R新馬戦(ダート1800メートル)は1番人気ホウオウルーレット(牡=栗田、父ロージズインメイ)がハナを奪って7馬身差の大楽勝。1分53秒4の破格の時計で力の差を見せつけた。

 横山和は「まだ頼りがないところがありながらこのパフォーマンス。これからが楽しみな馬です」とにんまり。栗田師も「性格がいいし、時計も良かった。距離の融通が利きそう」と笑顔で話した。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年12月5日のニュース