×

【チャンピオンズC】白毛馬ソダシ ダート初挑戦は12着惨敗…最内枠から逃走も馬群に沈む

[ 2021年12月5日 15:34 ]

<チャンピオンズカップ>1周目で先頭に立つソダシ(右)
Photo By 提供写真

 初冬のダート王決定戦「第22回チャンピオンズC」(ダート1800メートル)は5日、中京競馬場で行われ、白毛初のG1馬ソダシ(牝3=須貝)は2番人気に推されるも12着に終わった。唯一の3歳馬&初のダート挑戦で注目を集めた頂上決戦に敗れ、デビュー後初の2連敗。JRA史上初となる牝馬での芝&ダートG1制覇という“偉業”もお預けとなった。

 敗れたソダシは通算成績9戦6勝。デビューから破竹の5連勝で阪神JF、桜花賞とG1タイトル2つを含め重賞も4連勝。白毛馬として初の芝重賞V、初のG1&初のクラシック制覇と日本競馬界の歴史を何度も塗り替えた。

 デビュー6戦目のオークスでは8着に終わり初黒星を喫したが、古馬との初対戦となった次のG2札幌記念を快勝。前走の秋華賞では10着と大敗したことで“心機一転”ダート路線へ初挑戦。いきなり初戦が“統一ダートG1馬”8頭がそろった頂上決戦となり、最内枠から逃走劇を図るも最後の直線で馬群に沈んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年12月5日のニュース