×

【阪神新馬戦】ラリュエル 内からしぶとく伸びて差し切りV!松山「強い競馬でした」

[ 2021年12月5日 05:30 ]

<阪神5R・2歳新馬戦>直線内から抜け出し勝利するラリュエル(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神5R新馬戦(芝1800メートル)は、良血がそろった好カードは矢作厩舎のラリュエル(牝、父ディープインパクト)が内からしぶとく伸びて差し切った。

 松山は「追ってからもしっかり伸びて強い競馬でしたね。芝の走りが良くて、これから楽しみです」と笑顔。矢作師は「兄(ステイフーリッシュ)に似ているよ。イメージ的には桜花賞より2000メートル以上の距離が良さそう。この後はいったん休ませるかな」と語った。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年12月5日のニュース