【札幌新馬戦】カイカノキセキ 2歳レコード勝ち!鮫島駿「スピードが十分すぎるくらい」

[ 2021年6月13日 05:30 ]

札幌5R、芝1000で2歳レコード勝ちしたカイカノキセキ(撮影・千葉 茂)
Photo By スポニチ

 札幌5R新馬戦(芝1000メートル)は、3番人気カイカノキセキ(牝=池添学、父キンシャサノキセキ)が好スタートから56秒9の2歳レコードで逃げ切り、北海道一番星に輝いた。

 鮫島駿は「調教で仕上がりの良さを感じていた。スピードが十分すぎるくらいある馬。時計も優秀だった」と評価。次走は未定ながら今後の距離延長を見据え、「あの勝ちっぷりなら1200メートルもこなせると思うが、もう少し道中の遊びがあってもいい」とポイントを挙げた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2021年6月13日のニュース