【エプソムC】天国のオグリも歓喜!?稲葉牧場 ザダルの重賞制覇にSNSで反応「すごいー!!!!」

[ 2021年6月13日 17:18 ]

1990年、引退レースとなった第35回有馬記念を制したオグリキャップ(左手前)
Photo By スポニチ

 早くから素質を評価されていたザダルがエプソムCを制し、デビュー10戦目、5回目の重賞チャレンジで待望のタイトル獲得を果たした。

 
 母のシーザシーはレモンドロップキッド産駒の外国産馬。現役時代は1戦0勝だったが、繁殖牝馬となって、大仕事を果たした。
 
 ザダルは新冠橋本牧場の生産だが、18年のジェイエス秋季繁殖牝馬セールで取引されて、現在はオグリキャップ&オグリローマンの兄妹の生まれ故郷の稲葉牧場で繋養(けいよう)されている。新天地での最初の産駒となるカズプレスト(牡2、父カレンブラックヒル)は昨年のセレクションセールで3410万円の値がついた。

 エプソムCの結果を受けて、稲葉牧場は公式ツイッターで「ザダルー!!!すごいー!!!!」と喜びのコメントを投稿。次は「オグリの故郷」に、94年桜花賞のオグリローマン以来となる重賞タイトルを届けることを期待したい。

続きを表示

この記事のフォト

「クイーンS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年6月13日のニュース