×

【東京新馬戦】ヴァーンフリートが根性発揮V それでも手塚師「課題は多い」

[ 2021年6月13日 13:44 ]

<東京競馬5R新馬戦>レースを制したヴァーンフリート(右)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 並ばれて勝負根性を発揮した。東京5Rの2歳新馬戦(芝1800メートル)は1番人気のヴァーンフリート(牡=手塚)が、外から伸びたグランシエロとの競り合いを制し、デビュー勝ちを決めた。3着はアンビション。2番人気だったタピット産駒のフィフティシェビーは4着だった。

 川田は「道中(手綱を)動かし続けて、何とか勝てました。これからガラッと良くなってくれれば」とコメント。手塚師も「道中なかなか進んでいかないし、勝ったけど課題は多い」と辛口のコメントを残し、今後の成長に期待を寄せた。

 ヴァーンフリートは父リオンディーズ、母ロスヴァイセ(母の父シンボリクリスエス)の血統。ソニンクにさかのぼる名牝系の出身で、近親にはロジユニヴァースやディアドラなどの活躍馬がいる。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年6月13日のニュース