【中京新馬戦】インフィニタス押し切りV!陣営は伸びしろ期待「これから力をつけてくれたら」

[ 2021年1月17日 05:30 ]

新馬戦を制した岩田康騎乗のインフィニタス(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中京6R新馬戦(芝2000メートル)は、2角で先頭を奪った3番人気インフィニタス(牝=清水久、父モーリス)がそのまま押し切った。

 押田助手は「岩田康騎手は“まだ余裕のある勝ち方だった”と言っていた。この枠(15番)でもよく頑張ってくれた」とねぎらった。次走は未定。「まだ甘いところもあるので、これから力をつけてくれたら」と伸びしろに期待した。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月17日のニュース