【菜の花賞】スライリー快勝!着実に気性成長、石川「今日はリラックスして走っていた」

[ 2021年1月17日 05:30 ]

 3歳1勝クラスの中山9R・菜の花賞は8番人気の伏兵スライリー(牝=相沢、父オルフェーヴル)が先行策から抜け出した。石川は「厩舎がうまく調整してくれた。テンションが課題の馬だが、落ち着いてレースに臨めていた」と自厩舎の馬での勝利に喜びもひとしお。「新馬戦の時はまだ競馬が分かっていない感じだった。今日はリラックスして走っていた」と気性面の成長を実感していた。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月17日のニュース