【紅梅S】ソングラインが3馬身差圧勝!林師「収穫は大きい」

[ 2021年1月17日 05:30 ]

<中京競馬・10R紅梅S>紅梅Sを制したC・ルメール騎乗のソングライン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中京10R、3歳牝馬リステッドの紅梅Sは1番人気ソングライン(林、父キズナ)が好位追走から直線で突き放して3馬身差圧勝。ルメールは「いいスタートを切れて、いいポジションを取れた。最後も楽だった」。林師も「課題のゲートを五分に出たし馬群でもレースができた。収穫は大きい」と満足顔だった。次走は未定。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月17日のニュース