【中山新馬戦】ララシャルロット、頭差抑えて初陣V!大野「体が成長すれば楽しみ」

[ 2021年1月17日 05:30 ]

 中山4R新馬戦(ダート1800メートル)は、2番手から運んだ1番人気ララシャルロット(牝=今野、父ヘニーヒューズ)が早めに抜け出し、追い込んだウィズザワールドを頭差抑えた。

 大野は「まだ緩さが残っている中で、しっかり最後まで走り切った。レースセンスもいい。体が成長すれば楽しみ」と笑顔。今野師は「調教での反応が良かった。腰が甘い分、ゆったり運べる1800メートルもちょうどいい。今後は成長を見ながら、ゆっくりとやっていきたい」と話した。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月17日のニュース