【日経新春杯】ショウリュウイクゾが優勝 鞍上・団野とともに重賞初制覇

[ 2021年1月17日 15:56 ]

<中京競馬・11R 日経新春杯>日経新春杯を制し、重賞初制覇を果たしたショウリュウイクゾに騎乗する団野は、ゴール後にガッツポーズ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 今年初のG2で古馬ハンデ重賞の「第68回日経新春杯」(芝2200メートル)は17日、中京競馬場で行われ、団野騎乗の7番人気ショウリュウイクゾ(牡5=佐々木、父オルフェーヴル)が優勝。人馬ともに重賞初制覇となった。勝ちタイムは2分11秒8。

 3/4馬身差の2着には13番人気のミスマンマミーア、さらに1馬身1/4差の3着には4番人気のクラージュゲリエが入った。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年1月17日のニュース