【日経新春杯】ミスターX ダイワキャグニー充実期!激走期待

[ 2021年1月17日 05:30 ]

 日経新春杯(中京11R)はダイワキャグニーを本命視。昨年6月のエプソムC制覇後に去勢手術を受けてから「おしとやかになって、顔つきが穏やかになった」と菊沢師が話すように、心身のバランスが取れるように。馬体もシャープになった。

 その後、毎日王冠ではサリオスには敗れたものの2着と好走。前走・天皇賞・秋では強力メンバー相手に切れ負けしたが、58キロを背負いながら6着と健闘。手術の効果で実力をしっかり発揮できるようになってきた印象。充実期を迎えている。

 中京は2度目で昨年金鯱賞で3着と好走した地。休み明けも苦にするタイプでもなく、中間の動きも上々。激走に期待したい。(1)から(3)(4)(9)(10)(11)。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年1月17日のニュース