【愛知杯】戦い終えて

[ 2021年1月17日 05:30 ]

 ▼3着ウラヌスチャーム(斎藤誠師)前も流れていたし、あの位置から。馬場に助けられたが調子の良さを証明できた。

 ▼4着アブレイズ(藤井)今は中団からでも折り合って運べる。しっかり走ってくれた。

 ▼5着サトノガーネット(坂井)ポジションは悪くなかった。しっかり脚を使ってくれた。

 ▼6着デンコウアンジュ(柴田善)直線は狭いところを割って、根性を見せた。まだまだ馬は元気いっぱい。

 ▼7着サトノダムゼル(川田)とてもいい形で、いいリズムで運んでくれました。

 ▼8着カセドラルベル(松山)跳びが大きいので中京の馬場が合わなかったのかな。

 ▼9着シゲルピンクダイヤ(和田竜)スムーズに進められたが流れが速くて息が持たなかった。

 ▼10着ディアンドル(池添)展開的にきついレースになってしまったがラスト1Fまで頑張った。

 ▼11着センテリュオ(ルメール)今の中京は早い反応が必要。この馬には合わなかった。

 ▼12着レッドアステル(武豊)特殊な馬場が合わなかったのかな。

 ▼13着ドナウデルタ(岩田望)リズム良く運べたが馬混みを嫌がるところがあった。

 ▼14着ウインマイティー(松若)ゲートはおとなしくてサッと出たが3、4角で手応えがなくなった。

 ▼17着ナルハヤ(藤田)枠も外でしたし厳しい競馬になってしまった。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月17日のニュース