【京都新馬戦】ロシアンサモワール大物候補の誕生だ!松永幹師「今後が楽しみ」

[ 2020年10月25日 05:30 ]

 京都4R(ダート1800メートル)は、アメリカンファラオ産駒から、また大物候補の誕生だ。断然の1番人気ロシアンサモワール(牝=松永幹)は好位から手応え良く抜け出し、ゴール前迫ったフェブキラナを振り切った。

 川田は「まだ体が幼くてこれからですけど、差はわずかでも勝ち切ってくれたのは良かったです」と笑顔。同産駒からはダノンファラオ、カフェファラオの重賞ウイナーが誕生しており、2歳世代もこれで3頭目の勝ち上がりとなった。次走は未定ながら、松永幹師も「今後が楽しみ」と期待を寄せていた。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月25日のニュース