【東京新馬戦】レオカクテル、ゴール前で首差捉えてデビューV 岩部「センスがいい」

[ 2020年10月25日 05:30 ]

新馬戦を制した岩部騎乗のレオカクテル(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 東京4R(ダート1600メートル)は、好位追走の8番人気のレオカクテル(牡=萱野、父タイムパラドックス)が、逃げ粘るジュンゼロをゴール前で首差捉えてデビュー勝ち。

 岩部は「センスがいい。最後も根性があった。手前を替えて、また伸びた。ちょっと太かったので、まだ良くなる」と高評価。萱野師は「攻め馬から動いていた。ジリジリ伸びてくれて、しぶとかった」と笑顔で話した。次走は未定。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年10月25日のニュース