【菊花賞】コントレイルV!無敗で父子3冠制覇 2着アリストテレス、3着サトノフラッグ

[ 2020年10月25日 15:55 ]

<菊花賞>アリストテレスとの叩き合いをクビ差抑えて優勝したコントレイル(左)

 クラシック3冠最終決戦「第81回菊花賞」は25日、京都競馬場で行われ、断然1番人気に支持された皐月賞&ダービー馬コントレイル(牡3=矢作、父ディープインパクト)が中団から徐々に押し上げ、ゴール前の攻防を首差で制してデビュー7連勝で史上8頭目の3冠制覇を成し遂げた。無敗での達成は1984年シンボリルドルフ、2005年ディープインパクトに続き、15年ぶり3頭目の快挙。2着にアリストテレス(牡3=音無、父エピファネイア)、3着にサトノフラッグ(牡3=国枝、父ディープインパクト)が入った。

 鞍上の福永祐一(43)は保田隆芳、岡部幸雄、武豊に続く、史上4人目となるクラシック通算10勝の大記録を達成した。管理する矢作芳人師(59)はフェブラリーS・モズアスコットと合わせて今年のJRA・G1で4勝目。昨年も4勝しており、2年連続はグレード制が導入された1984年以降では初の快挙となった。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月25日のニュース