【菊花賞】パドックのツボ

[ 2020年10月25日 05:30 ]

 コントレイルは馬体重の変動はないものの、背が伸びて数字以上に大きく見せる。毛づやもピカピカで体調の良さが伝わる。穏やかな気性。堂々と落ち着きがあれば不安はない。ヴェルトライゼンデは神戸新聞杯は2キロ増と微増だが、ダービーより大きく体を見せて実が入った印象。血統的なイメージとは違って静かに周回する。バビットは長距離輸送があったセントライト記念でも馬体増と充実一途。明るい栗毛で張りが良ければOK。ヴァルコスはスラッとして、ステイヤー体形。大きく馬体が減っていなければ力を出せる。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月25日のニュース