【東京新馬戦】ジャガード快勝!ミルコ「まだ変わる可能性はある」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

<東京4R新馬戦>レースを制したジャガード(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京4R新馬戦(芝1400メートル)は4番手を追走した3番人気ジャガード(牡=和田雄、父トーセンラー)が直線で力強く伸びて快勝した。騎乗したM・デムーロは「良かったです。やんちゃで、ずっと鳴いていた。全然集中していなかった」とまず苦笑。続けて「競馬に行ったら、頑張ってくれた。先生(和田雄師)は長いところ向きかもと言っていたけど、1400メートルや1600メートルが合いそう。まだ変わる可能性はある」と上積みを感じていた。 レース結果

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月12日のニュース