【京都新馬戦】オプティミスモV!藤井「センスが良かった」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

<京都4R新馬戦>直線で後続の追撃を振り切り勝利するオプティミスモ(左)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 京都4R新馬戦(芝1400メートル)は12番人気オプティミスモ(牝=石坂公、父リーチザクラウン)が好位の外から押し切った。藤井は「スタートをポンと出て、壁をつくって控えることができた。センスが良かったですね」と笑顔を見せた。シャーレイポピーが2着で石坂公厩舎のワンツー。トレーナーは「パドックに入ってピリッとしていたし、初戦向きと思っていました。2頭とも攻め込んだし、いい競馬をしてくれました」と振り返った。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月12日のニュース