【毎日王冠】ダイワキャグニー 去勢明け納得2着「相手が強かった」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

<毎日王冠>2着でレースを終えたダイワキャグニー(左)と3着でレースを終えたサンレイポケット(右)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 府中巧者の意地は見せた。4番人気ダイワキャグニーは3番手追走から直線半ばで先頭。直後につけていたサリオスにかわされたが、2着は確保した。内田は「相手が強かったね。休み明けでも頑張ったし、去勢して体と走りが柔らかくなっている」と納得の表情。菊沢師は「まさか勝ち馬がすぐ後ろにいるとは…。ただ、去勢明けでこれだけ走れるところを見せたので楽しみ。馬の状態次第で次は天皇賞・秋(11月1日、東京)を考えたい」と話した。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月12日のニュース