【グリーンチャンネルC】メイショウテンスイ先行V!ルメール「1400メートルはぴったり」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

<グリーンチャンネルC>レースを制したメイショウテンスイ(右)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 リステッド競走の東京10R・グリーンチャンネルCは1番人気メイショウテンスイ(牡3=南井)が先行策から早めに抜け出し、ブルベアイリーデの追い上げを首差しのいだ。騎乗したルメールは「スタートが速くて楽に走っていた。止まらないし、凄く頑張っていた。1400メートルはぴったり」と振り返った。南井師は「強かった。ゲートが速くて、スピードもあるからね。次走はじっくり考えます」と話した。 レース結果

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月12日のニュース