【りんどう賞】サルビア 5馬身差楽勝!福永「まずまずの勝ち方やったね」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

<りんどう賞>直線で後続を突き放し勝利するサルビア(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 京都9R・りんどう賞(2歳1勝クラス)は6頭の少頭数でそのうち道営からの転厩馬が2頭、デビュー戦の馬が1頭。手薄な顔触れとあって断然の1番人気サルビア(牝=鈴木孝、父ダイワメジャー)が4コーナーで外をまくり気味に進出し、2着に5馬身差の楽勝を演じた。福永は「今後に向けて、どれだけの脚を使えるのか測りたかった。まずまずの勝ち方やったね」と涼しい顔。鈴木孝師は次走を問われ「ファンタジーS(11月7日、阪神)に行きたいけど、同じ馬主さんの(デビューから3連勝の)ヨカヨカがいるので…相談します」と語るにとどめた。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月12日のニュース