【京都大賞典】シルクレーシング代表・米本氏 グローリーヴェイズ復活に喜び「本来の力発揮」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

<京都大賞典>直線で抜け出し勝利するグローリーヴェイズ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 シルクレーシングの米本昌史代表は京都大賞典で復活Vを飾ったグローリーヴェイズも喜んだ。遠征した3月ドバイ国際競走はコロナ禍による中止で帰国。続く6月宝塚記念(17着)は思わぬ大敗。米本代表は「昨年の香港ヴァーズを勝って以降、ドバイが中止、宝塚記念はあのような結果になって…。本来の力を発揮してくれてうれしいです。今後はジャパンC(11月29日、東京)か香港ヴァーズ(12月13日、シャティン)になると思います」と2度目のG1制覇をしっかり見据えた。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月12日のニュース