【京都大賞典】キングオブコージ3着 連勝ストップも飛躍の予感「ステップとしては良かった」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

<京都大賞典>3着のキングオブコージ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 4連勝中だったキングオブコージは中団待機から直線追い上げ、G1馬2頭に続く3着。横山典は「伸び脚は良かったしよく走ったと思う。休み明けだったので、ステップとしては良かったんじゃないかな」と、今後に向けて手応えをつかんだ。惜しくも連勝は「4」でストップしたが初めてのG1級相手に通用するところを証明。これからが楽しみな4歳馬だ。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月12日のニュース