【毎日王冠】サトノインプレッサ10着 痛恨出遅れ末脚も不発「ゲートの中で落ち着けなかった」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

<毎日王冠>スタートで出遅れるサトノインプレッサ(右端・8番)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2番人気に支持された3歳馬サトノインプレッサは出遅れが響いて10着大敗。レースの流れに乗れず、自慢の末脚も不発に終わった。初コンビの戸崎は「ゲートの中で落ち着けなかった。直線向いてからも反応がなかった」と振り返った。矢作師は「ゲートは練習ではおとなしいけど競馬では…。距離も少し忙しいかなという印象だった」とコメント。同馬はこの日に菊花賞(25日、京都)への登録を行ったが、「走りきっていないので疲れていない感じ。菊も頭にあります」と中1週での参戦の可能性に言及した。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月12日のニュース