【京都牝馬S】淀はお任せ!サウンドキアラが完勝! ヴィクトリアMの主役候補名乗り

[ 2020年2月22日 16:41 ]

<京都11R・京都牝馬S>直線、外から一気に差し切り重賞連勝のサウンドキアラ(中央)=撮影・亀井 直樹
Photo By スポニチ

 「第55回京都牝馬S」は、1番人気のサウンドキアラが先団から押し切って、京都金杯に続く重賞2連勝。ヴィクトリアマイル(5月17日、東京)の主役候補に名乗りを挙げた。今年早くも重賞4勝目の松山は安どの笑みを浮かべる。

 「重馬場はこなせる馬ですし、京都は相性がいいですね。強い勝ち方ができて、今後がさらに楽しみになりました」

 過去6勝は全て京都だが、ヴィクトリアマイルは東京が舞台となる。それでも鞍上は「馬も成長していますからね」と大舞台での活躍を期待する。安達師も「京都が(11月から)改修されるのは残念だけど、他でも走ってほしいです」と前向きに語った。この後は阪神牝馬S(4月11日、阪神)を挟むか、本番直行かの二択となっている。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2020年2月22日のニュース