【浜田・東京本社ワンモアトライ】22日京都11R 淀なら崩れぬサウンドキアラ

[ 2020年2月22日 08:00 ]

 JRAの競馬場は全部で10場。それぞれに特色があり、当然のようにコース巧者が存在するのが、競馬をより面白くしている。京都は3角にアップダウンがあり、直線が平坦なのが特徴。ここを大得意にしているのがサウンドキアラだ。デビュー以来、走った競馬場は東京、中京、京都、阪神の4場のみ。京都【5101】に対し、他3場は合計で【0242】。京都と他3場の最も大きな違いは直線に坂があるかないか。つまりキアラは坂でのひと踏ん張りが苦手なのだ。前走で牡馬相手のスポニチ京都金杯を制覇。重量は2キロ増えるが牝馬同士なら好戦必至だ。

 マイルが主戦場で7Fは久々だが、母サウンドバリアーは7F重賞フィリーズレビューの勝ち馬で問題ないはず。ちなみに、京都で唯一の着外は3歳時の500万下(現1勝クラス)で4着。このレースの1着は昨年、マイルG1春秋制覇を達成したインディチャンプ。2着は後にエルフィンSを勝ち、オークス4着のレッドサクヤ。今となっては相手が悪かっただけ。淀では崩れない。(17)から。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2020年2月22日のニュース