【フェブラリーS】(2)アルクトス 田辺騎手と作戦を「やりやすい枠」

[ 2020年2月22日 05:30 ]

 G1初制覇を狙うアルクトスは、角馬場で入念に体をほぐしてから南A(ダート)コースへ。軽快なピッチで2周した。枠は内めの2番に決定。「希望していた真ん中よりは内になったが悪くない。スタートが速く出遅れがない馬なので心配ない」と栗田師。「あとはジョッキー(田辺)と作戦を考えたい。行くはずの馬が行かないケースもあるが、いずれにせよ、やりやすい枠」と歓迎していた。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年2月22日のニュース