【京成杯】ゼノヴァース迫力満点!藤沢和師2週連続重賞制覇へ「順調だよ」

[ 2020年1月17日 05:30 ]

併せで追切るゼノヴァース(左)(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 「第60回京成杯」(19日、中山)の木曜追いが行われた。シンザン記念をサンクテュエールで制した藤沢和厩舎は、2週連続重賞制覇を狙ってディープインパクト産駒のゼノヴァース(牡)を送り出す。

 最終追いは五十嵐(レースはマーフィー)が騎乗し、Wコースでファストアプローチ(5歳オープン)と2頭併せ。3馬身追走から直線で内から馬体を併せると、オープン馬に負けない迫力の走りで同時フィニッシュに持ち込んだ。「追い切りを終えて順調だよ」と笑顔で話す藤沢和師の横を、悠々と通り過ぎた同馬。460キロちょっとの馬体重より大きく見せる。

 デビューから2戦は4、5着に敗れ、3戦目で勝ち上がり。それでも「東京の2戦は運がなかった。初戦はペースが遅く、2戦目は(相手に)騎乗停止が出るほどの不利もあった。前走は時計もいいし、いい勝ち方だった。ローテーションはきつくない中でキャリアもある。楽しみだよ」と敗戦をプラスに捉えている。

 昨年の京成杯はランフォザローゼスで臨み、2着だった藤沢和師&マーフィーのコンビ。リベンジへ、きっちり照準を合わせてきた。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月17日のニュース