【京成杯】リメンバーメモリー、重馬場も好感触

[ 2020年1月17日 05:30 ]

 キズナ産駒のリメンバーメモリーは坂路で最終リハ。単走で4F53秒0~ラスト1F12秒7をマークした。佐々木師は「重たい馬場でも、しっかり動けているし、状態は変わらずいい」と好感触。

 前走のエリカ賞は直線で、じりじり差を詰めるも5着まで。「切れ味がないので、今の力がいる中山は合いそう。追いだしてからもう一段、ギアが上がれば」と期待した。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月17日のニュース