菜七子サウジ遠征!海外5カ国目挑戦、2月28日騎手招待レース

[ 2020年1月17日 05:32 ]

小倉でサウジアラビア招待レースと愛知杯に意気込む菜七子
Photo By スポニチ

 世界女王の次なる戦場は石油大国・サウジアラビアだ。昨年、ウィメンジョッキーズワールドカップ(W杯=スウェーデン)で世界No・1女性騎手の座に輝いた藤田菜七子(22)が、2月28日にサウジアラビア(キング・アブドゥル・アズィズ競馬場)で行われる騎手招待レースに挑戦する。世界最高の賞金総額(約21億6000万円)となるサウジカップが行われる“バブリーな国”で、大和なでしこが力を見せつける。また、今週土曜メインの「第57回愛知杯」はカレンシリエージョに騎乗。自身2度目のJRA重賞制覇に挑む。

 2月28日に行われる騎手招待レースで、藤田菜七子が5カ国目(地域含む)の海外騎乗に挑む。今回のレースは今年から新設された世界最高の賞金総額を誇るサウジカップ(29日)の前日に開催される予定。主催者によれば男女7人ずつの計14人が参加し、4~7Rの合計ポイントを競う。菜七子以外の日本人騎手も招待される見込みだ。

 昨年6月にスウェーデンで行われた「ウィメンジョッキーズW杯」で世界の女性騎手トップの座を射止めた菜七子。海外での騎乗は昨年8月に英国で行われた伝統の招待騎手レース「シャーガーC」以来となる。現在、小倉に滞在中の菜七子は「まだ詳しくは知らないのですが、これまでにさまざまな国で騎乗してきた経験を生かしたい」と意気込みを語った。

 見習騎手を卒業し、今週末から女性騎手減量のみの2キロ減(◇)となるが、この土日は小倉で計18鞍(土曜9鞍、日曜9鞍)の豊富なラインアップ。土曜メインの愛知杯は2戦連続のコンビとなるカレンシリエージョで挑む。前走・グレイトフルS(15着)はスムーズな先行策から直線で急失速。2500メートルは少し距離が長かった印象で、菜七子は「今回、距離が短くなるのはいいと思う。小倉の成績がいい(2戦2勝)みたいなのでコース適性の高さに期待したいです」と話していた。

 これで冬の小倉は3年連続での滞在。「もうこの環境にも慣れました。ご飯がおいしいし大好きな街です。今年は小倉開催が6週間と長いですが、ここでしっかりと結果を残せるように頑張りたい」と菜七子。予定通りならサウジアラビア渡航の前週まで小倉で騎乗。大好きな“冬コク”で勢いを付けて、再び世界の大舞台で輝く構えだ。

 【サウジアラビアの競馬】3年1月にアブドゥッラ皇太子の指示でキング・アブドゥル・アズィズ競馬場が開場。9月下旬~翌4月にかけて開催されている。近年は王族からのサポートもあり、ドバイの国際競走で上位入着する馬を出すなどレベルが上がっている。今年から総賞金2000万ドル(約21億6000万円)のサウジカップ(ダート1800メートル)を含む8レースを同日に実施すると発表し世界の注目を集めた。サウジカップには昨年のJRA最優秀ダート馬に選出されたクリソベリル(牡4=音無)、藤田菜七子で昨年カペラSを制したコパノキッキング(セン5=村山)も登録している。なお、イスラム教国のため馬券の発売はない。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月17日のニュース