栗東で新春恒例馬場開き 中竹和也師「東京五輪の活気に埋もれず盛り上げていきたい」

[ 2020年1月3日 05:30 ]

馬場開きの挨拶をする中竹師(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 新春恒例の「馬場開き」が2日、栗東トレセン調教スタンド2階で行われた。日本調教師会・関西本部長の中竹和也師(55)が「売得金は8年連続で前年比プラス。いい水準を維持している。東京で五輪、パラ五輪が開催されるが、その活気に競馬が埋もれないように。厩舎関係者一丸となって盛り上げていきたい」とあいさつした。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月3日のニュース