【中山金杯】ギベオン 楽々と半馬身先着 藤原英師「予定通り」

[ 2020年1月3日 05:30 ]

北村友を背に坂路で併せ馬で追い切るギベオン(左)
Photo By 提供写真

 フォーリーと初コンビを結成するギベオンは坂路でグレートウォリアー(5歳2勝クラス)と併せ馬。4F52秒6~ラスト1F12秒0をマークし、半馬身先着した。藤原英師は「予定通りで動きは良かった」と納得の表情。前走・チャレンジCは直線で2度にわたって進路が狭くなる不利が影響して9着に沈んだ。「スピードに乗っているところだったので痛かった。馬の状態はいいし57・5キロだけ」と巻き返しに闘志を燃やした。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年1月3日のニュース