【中山金杯】レッドローゼス 国枝師も動き満足 “年男”田辺の手綱に注目

[ 2020年1月3日 05:30 ]

 レッドローゼスは12月31日にWコースで5F67秒2~1F12秒2(強め)を消化。プロディガルサン(7歳オープン)を4馬身追いかけ、しっかりと併入した。国枝師は「十分動いていたし中山は合っている馬。しまいの脚をうまく生かせれば」と手応え十分。中山芝は【3・3・2・1】のコース巧者。コンビ継続の年男・田辺の手綱さばきに注目だ。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年1月3日のニュース