【菊花賞1週前追い】ゲッコウ 意欲の併せ馬で12秒3「調整は順調」

[ 2019年10月11日 05:30 ]

<菊花賞1週前追い>キャンベルジュニア(左)、サトノティターン(右)と併せ追い切るヒシゲッコウ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 堀厩舎の上がり馬2頭は順調な仕上がり。本番で名手スミヨンが騎乗するヒシゲッコウ(牡)はWコース3頭併せで5F68秒3~1F12秒3。森助手は「調整は順調」と語った。カウディーリョ(牡)はWコースでシュヴァルツリーゼ(3歳3勝クラス)と意欲の併せ馬で5F67秒6~1F11秒6をマーク。「夏を越えて精神面が良くなってきた。動きもこの馬なりにいい」。こちらはM・デムーロと新たにコンビを組む。 菊花賞

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年10月11日のニュース