【府中牝馬S】ライラック 馬なりで鋭伸11秒7「完成の域」

[ 2019年10月11日 05:30 ]

<府中牝馬S>単走で追い切りを行うラッキーライラック  (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 5カ月ぶりに復帰するラッキーライラックはCWコースで単走。鞍上とぴったりと呼吸が合って、ラスト1F11秒7(6F85秒4)を馬なりでマークした。丸内助手は「予定通り、しまい重点。ノーステッキでぐいぐい伸びていきました」と手応えは十分。夏場は無理をせず放牧で英気を養った。「距離延長はいいと思います。我の強さもマシになって、完成の域に近づいてきました」と目を細めた。 府中牝馬S

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月11日のニュース