【前橋・寛仁親王牌】三谷 天国の母に贈る白星を「もう1年がたったんだ」

[ 2019年10月11日 05:30 ]

<前橋>近畿ラインで番手を回る三谷竜生(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 千葉記念IN松戸を単騎まくりで制した三谷。システム障害により2日間順延となったため、中1日での検車場入り。「元々、前乗りする予定だったので」と、そのまま前橋入りして1日完全休養に充てた。昨年は大会初日の5日に最愛の母(湖雪=こゆきさん)が他界。それでも、き然と4日間を走り抜いた(決勝2着)。「日程は違うけど前橋に来て昨年大会からもう1年がたったんだと感じた。今回もしっかりと頑張りたい」。理事長杯に繰り上がったことも運命か。12R、天国で見守る母にささぐ白星に期待だ。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月11日のニュース